Circuit Components

Circuitはグリッドベースのグルーヴボックスです。Novationのポリシンセ2台と4パートのドラムマシンを搭載し、グリッドベースの直感的なシーケンサーとしてスタンドアローンでも動作可能、即座にエレクトロニックミュージックを制作することを可能にします。
「Circuit Components」は、Circuitユーザーに、独自のインストルメントをデザイン、あるいはクリエイト、カスタマイズするための無償利用いただけるオンラインサービスです。

"サンプルインポート" SAMPLE IMPORT

コンパクトな本体にはスピーカーが内蔵され、バッテリーによって動作するので、音楽の制作・保存が1台で完結します。また、コンピュータや他のスタンドアローンのシンセと一緒に、同期してコントロールすることも可能です。制作にインスピレーションを与えるもの一式が備わっており、完成した曲をすぐにプレイすることが可能です。

Circuit上に任意のサンプルを
Circuitの64スロットに、ドラムやワンショット、クリック、コード、サンプル、シンセ音など任意のサンプルを最大60秒インポートでき、思い通りに配置、再生が可能です。

自由にインポート
MP3あるいはWAVファイルであれば、インポート時にサンプルをCircuitに適したフォーマットに自動的に変換します。

サンプルパックとシェア
“サンプルインポート”はエクスポートも出来ます。任意のコレクションを作成し、最大64サウンドを一つのファイルとして保存します。バックアップとして保存しておく、あるいは他のユーザーとシェアすることも可能です。





Sample Importをはじめよう


"エディター" EDITOR

コンピュータで作成した複雑なパッチを取り出し、スタンドアローンのワークフローへ。





Nova伝統のサウンドにフルアクセス
Circuit搭載のパワフルなポリシンセ2台のどのパラメータにもアクセスできます。Novationの友人Isotonik Studiosが制作した使いやすいシンセ編集ソフトで思い通りの操作が可能に。

マクロをミックスアップ
複数の処理をしながら、シンセのパラメータにフルでアクセスできるだけではなく、Circuitの8つのマクロコントロールノブをパッチごとにカスタマイズできます。

誰でも使える”エディター“
Circuitの”エディター“は今までのエディターに更なる機能向上が加えられ、PCでもMacでもスタンドアローンで動作します。

パッチをシェアしよう
自身のサウンドデザインやシンセシスのスキルを自分だけのものにしておくのはもったいないと思いませんか?Circuit ”エディター“はご自身が作成したパッチをローカルのコンピュータに保存することが可能です。しっかり保管しておくことも、ほかのユーザーと共有、あるいはFacebookのCircuitユーザーグループだけとシェアすることも可能です。シェアする相手がCircuit ”エディター“をインストールしていることが必須となりますが、無償で入手いただけます。



"ライブラリアン" LIBRARIAN

Circuit内の32セッションすべてをクラウドにバックアップでき、オンライン環境であればどこからでもセッションをリコールできます。





容易なCircuitバックアップ




LIBRARIANで32セッションを保存し、EDITORを使用することでカスタムのシンセパッチをバックアップ保存できます。



アップデートはお済みですか?


Circuit Componentsを使用するには、最新のファームウェアが必要です。確認はこちらへどうぞ。

"ファームウェア" FIRMWARE

サンプルインポート、エディター、ライブラリアンといった「Circuit Components」を使用するには最新のファームウェアをインストールしておくことが必須となります。互換性の制限を解く最新ファームウェアCircuit v1.2 には、バグ改良点だけでなく新機能も含まれています。これらはユーザーからの声に応えて加えられた機能だけでなく、Novationチームのアイディアから生まれたものもあります。

他のコントローラと接続して楽しむ
Circuitに接続した外部楽器で演奏したMIDIノートをクロマチック、あるいは任意のキーやスケールでMIDIレコーディングいただけます。加えて外部MIDIコントローラからCircuitのマクロコントロールを操作、オートメーションの保存も可能。iPadも使用可能です。

Ableton Liveと楽しむ
CircuitとLiveをオートシンクさせ、セッションからMIDIを容易に録音できます。数クリックの手順だけでテンポ、タイム、キーも同期します。AbletonからMIDIトラックを一つのキーで録音し、あとからCircuit上のボタンを2つ押すだけで変更することも可能です。

モメンタリレコーディング
Recordボタンを長押している間のみノートを足したり、オーバーダブしたり、マクロを足すことが出来るモメンタリレコーディングに対応します。

ステップエディット
オートメーションがステップバイステップでさらに操作しやすくなりました。ヒットごとにドラムのピッチを変えられ、シーケンスのノート1つ単位にエフェクトを加えられます。トラック内のステップごとにサウンドを変えられるので、任意、あるいは偶発的なサウンドの構築など、可能性は無限に広がります。

外部機器からのプリセットセレクト
MIDIプログラムチェンジメッセージを使用して、Circuit内蔵のシンセ2パートを切り替えることができます。またMIDI CCメッセージを使用してCircuitの4つのドラムを遠隔で切り替えることもできます。あらゆるMIDI操作から可能です。





アップデートはお済みですか?


Circuit Componentsを使用するには、最新のファームウェアが必要です。確認はこちらへどうぞ。



Circuitの詳細はこちら

High Resolution

コンピュータ用ソフトウェア及びハードの輸入販売 楽器、音響機器の輸入販売


ニュースレター