XLN Audio アーティスト

☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm)



生をデジタルで再現できる可能性の限界を感じていた中、まだまだいけるんだと感じさせてくれました。しかもインターフェイスがすごく簡単になっていて、探したい音をすぐに探せます。 オーガニックからダンスミュージックまで、どんなジャンルにも対応できる仕上がりに拍手。


DJ、プロデューサー。98年にVERBALとm-floを結成。ソロとしても国内外アーティストのプロデュースやRemix制作も行う。「Incoming... TAKU Remix」で “beatport”の『beatport MUSIC AWARDS 2011 TOP TRACKS』を日本人として初めて獲得し、その実力を証明。10年にはアニメ「Panty&Stocking with Garterbelt」のサウンドトラックも監修するなど様々なシーンで活躍。ソロ名義“THE SUITBOYS”としてMIX CD「AFTER 5 VOL.1」を発表し多種多様な音楽性を存分に発揮。またインターネットラジオ“block.fm”を立ち上げ国内外のTOP DJが最先端の音と情報を発信し、今最も熱いメディアとして注目を集めている。2012, 13年連続でLOUDの“DJ50/50”の国内の部で1位を獲得するなど、DJとしても益々進化している。2014年3月26日にはNEWアルバム「FUTURE IS WOW」を発表。

http://twitter.com/takudj
http://m-flo.com/
http://block.fm/

80KIDZ : JUN



僕がドラム音源を選ぶ時に重視することは、サウンドがリアルで動作が軽いということ。
これまで使ってきたドラム音源はドラムキットを切り替えるたびに音源の読み込みに時間かかったり、また動作が軽いものだとサウンドがチープすぎたりと使い勝手のバランスが良いものが少なかった。
このAddictive Drums 2を使ってみるとキットの切り替えがスムーズに行え、好きなドラムキットを探すのが楽しくなる。
もちろん生ドラムからマシンドラムまでリアルなサウンドを損なっているようなことはない。
また、各マイクのミックスバランスやピッチの変更にも柔軟に対応しているほか、内蔵のビートパターンも十分豊富なのに加えTRANSFORM機能を使用すればアクセントやタイミングをダイナミックにカスタマイズでき、オリジナルのサウンドやグルーヴを簡単に作成することができるのも嬉しい。今後の制作において大変重宝しそうである。

80KIDZ : ALI&

数々あるドラム音源集の中でも動作も軽く、エフェクトもしっかりあってドラム音源の中ではバランスのとれた内容。
VSTとして起動するにおいて、かなり優秀でレスポンスも良く、様々なドラムパターンも内蔵されている。
サウンドも高品質で画面もとてもわかりやすいので簡単に操作できる。 機能面でもドラムキットを同時に鳴らすことができるリンク機能、例えばスネアと一緒にタンバリンなどの付加音を鳴らすときなどに便利。
18スロットもあり自分だけのサウンドを作ることも可能。エフェクト面では「Tube U47 & Tape」や「JB White Noise」等々、8種類のノイズをエフェクトとして個別にそれぞれ加える事ができ、もちろんこのノイズレベルも調整できるので、全体的にノイズが乗っかった古くさい雰囲気のドラムに仕上げたり、また少し加える事で、曲全体の混ざり方を調整する事が可能になります。
ソフト音源のなかでもこういったパラメーターを調整できる音源は少なく、プラグインエフェクトや、ノイズの音源を使用したりしましたが、ノイズも自由自在に 加えたり、主張したりする事が可能。
単純に使いやすさと表現力においても今あるドラム音源ソフトの中では一番なんじゃないかなと個人的には思っています。


'07年1月に結成。自主制作で2枚のMIX CDをリリース後、数々の海外アーティストとの共演を経て楽曲制作を開始。オリジナル楽曲やリミックスがSNSを通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVE EP』(2008/04)は即完売を記録。続く初のオリジナルCD作品『Life Begins at Eighty』(2008/08)はEPとしては異例のビッグ・セールスを記録した。年間ベスト・アルバムの1つとして高い評価を獲得した1stフル・アルバム『This Is My Shit』(2009/04)、CSSのLovefoxxxをフィーチャーした表題曲を含むミニ・アルバム『SPOILED BOY』(2010/06)、iTunesの総合ランキングで1位を獲得する等大ヒットを記録した2ndフル・アルバム『WEEKEND WARRIOR』(2010/10)、ロックとダンスの垣根を越え幅広い層に受け入れられた3rdアルバム『TURBO TOWN』(2012/04)等、順調にリリースを重ね、FUJI ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN、COUNTDOWN JAPAN、SUMMR SONICをはじめとするビッグ・フェスに出演。2013年にはダンストラックEPシリーズ『80(ハチ・マル)シリーズ』を始動。2014年は4thアルバムをリリースを予定している。

http://80kidz.net/home/

上田剛士(AA=)



ある時、どこかの楽器屋さんでポン、ポンって音だしてみたら出音が凄い好きだったんで。このドラムソフト、なんだろう、いい音してるな、と思ってすぐに購入して使い始めましたね。まずは出音が好きか嫌いかですよね。単純に自分の好みに合うかどうか。Addictiveはコンピューターへの負担も少ないし動作も軽いし、作業しやすいし、今のところいいところづくめですね。

インタビュー全文はこちら


世界に名を轟かせたモンスターバンド“THE MAD CAPSULE MARKETS”の司令塔、上田剛士のソロプロジェクト。常に進化したサウンドで独自の音を作り続けるイノベーター。 2008年に“AA=”を始動。アーティスト名はジョージ・オーウェルの小説「動物農場」に登場する言葉“All Animals Are Equal”に由来。BABYMETAL、BiSなど他アーティストの楽曲制作やプロデュース、アレンジ、椎名林檎を始めとする様々なアーティストのリミックスワークから映画やゲーム、CM音楽制作までその活動は多岐にわたる。2016年5月18日には、シーンに衝撃を与えたコラボレーション楽曲3作を収録したAA=通算5作目となるアルバム「#5」をリリース。

KEIZOmachine!(HIFANA)



Addictive Drums!大好きです。 今までにいろいろなドラムのプラグインを試してきましたが、Addictive Drumsの楽しさは、ズバ抜けてますね。

僕はUSBコントローラーをつなげて16個のパッドを使って演奏しています。 ベロシティの感じが自然で本物のドラムをプロの出音で演奏できているような陶酔感を味わえます♪ Addictive Drums2では音が重ねられるようになったのは嬉しいですね。フロア向けのセットがAddictive Drums2上だけで作りやすくなりました。

また、視覚的にも見やすくなって音を探すのが楽しいです。 パーカッショニスト、ドラマーはもちろん、全ジャンルの楽器奏者、トラックメイカー、誰もが重宝するウェポンですね♪


Producer / DJ / 16pads Pusher / Percussionist / Killer Tune Digger 完全手動ブレイクビーツユニットHIFANAのメンバー。日本におけるフィンガードラミングのオリジネーター。HIFANAでは音と映像がリンクしたプログラミングなしのLIVEを世界各地で行っている。 DJではオールジャンルをMIX。エフェクト、スクラッチ、パッドを駆使したLIVE感あふれるKillerプレイが特徴。また西アフリカの打楽器、アサラトの名手としても世界で名高い。 数々のRemix、プロデュースワーク、CM音楽、最近ではモモクロやTEMPURA KIDSへの楽曲提供といった幅広い音楽活動を行っている。

www.facebook.com/KEIZOmachine
www.youtube.com/user/kzomachine
www.hifana.com

岸利至



Addictive Drumsは、「1」から愛用しています。素晴らしいドラム・ソフトシンセはたくさんありますが、どれよりもAddictive Drumsが楽しい!操作性がシンプル、音が派手、そして、プリセットがしっかり作り込まれているので、すぐにドラムを打ち込みたくなるし、曲を作りたくなる。それが僕がAddictive Drumsを愛用する大きな理由です。 Addictive Drums 1では、起ち上げた時に用意される"Start Up"というキットが素晴らしくて、パーツ替え、音色調整など、カスタマイズはしつつも、使い倒していましたね。 そして Addictive Drums 2。前verで、唯一不満だった、シンバルの枚数、さらにはFLEXI(タンバリン、クラップなど、追加パーカッション)の数も増えて、より嬉しい作りになりました。クラップも種類があって何気に嬉しい。各パーツ単体の音も、クオリティが高いのはもちろんの事、個性がはっきりしていて、使いやすいですね。制作途中で単体の音を変えても、音量やタイミングを変えずに自然にチェックできる事も嬉しい。


音色作りでは、Tape & Shapeがかなり使えそう。演奏スタイルのイメージは生ドラムなんだけど、現代的かつ、退廃的なサウンドイメージを作りたい、、という時に最適かと思います。editorの他のパラメーターも分かりやすくて、感覚的に使えていいですね。

ドラムは、曲を作る時にまず始めに打ち込む事が多いパート。だからこそ、ドラム・ソフトシンセには、思わず曲を作りたくなるような音、操作性が大事。 そんな点で、AD2は最高の仕上がりになっていると思います。AD2を使って一体何曲作る事になるのでしょうか!


TMR西川貴教をフロントマンにした「abingdon boys school」、根岸孝旨(b)、西川進(g)とのトリオバンド 「JUNK FUNK PUNK」、酒井愁(d)とのテクノとメタルの化学反応ユニット「TWO TRIBES」、absメンバーSUNAO(g)、NYでも活躍する岩田彩(pf)との「PGP」のメンバーとして、さらにソロテクのユニット「tko」で活動中。
またプログラマーとして布袋寅泰、坂本龍一、コブクロ、アレンジャーとしてTMレボリューション、THE ALFEE、ゴスペラーズ、SMAP、玉置成実などの作品に参加。ViViD、D'espairsRayのプロデュースや、TV「ガイアの夜明け」のテーマソングや、ゲームソフト「Dragon Ball」シリーズの音楽も手がける。

http://toshiyukikishi.net/

livetune



Addictive Drumsは1の頃から愛用していましたが、2は本当に素晴らしい!初代からのADPakも全体的に見直されていて、ADの代名詞とも呼べるStartupで比較すると分かりやすいんですが、派手さは抑えめになったものの、他のトラックとの混ざりやすさが段違いです。ナチュラル且つプリセットをロードした瞬間から使える作り込まれた個性も兼ね備えていて、文句のつけどころがありません。そして手を加えたいときのTone DesignerとTape&Shape。とにかくこれが最高ですね。スネア単体などでトランジェントを気軽にいじれるようになったのは非常に助かります。キットに何か音色をちょこっと追加したいときのFLEXIもかゆいところに手を届けてくれた部分です。そういった追加されたエディット機能やキットセレクトがグラフィカルになったりしたおかげか、画面が大きくなって字が見やすくなったのが地味にありがたい!まだまだ言い足りないことはたくさんありますが、とにかく最高のドラム音源です。ありがとうXLN Audio。


音楽プロデューサー「kz」に よるソロプロジェクト。 2007 年にボーカロイド「初音ミク」を使った音源を制作し、その楽曲を動画サイトに投稿したところ、瞬く間に話題が広がり、脚光を浴びる。 2008 年にデビュー以来、「初音ミク」を使った音源を多数制作し、2011年12月には “Google Chrome - 初音ミク篇 -” の為に書き下ろした「Tell Your World」を発表。国内のみならず、全世界で話題騒然のCMとなり、動画投稿サイトにアップしたところ、約400万回の再生回数を記録する。 2012年3月に満を持してNew Mini Album「Tell Your World EP」をリリース。この作品が、オリコンチャートで 4 位を記録。 また2014年9月10日にはリアルボーカリストを起用したaddingシリーズのアルバムをリリース予定。これまでにシングルとしてリリースされている中島 愛、Yun*chi、SEKAI NO OWARIのFukase、Q;indiviのRin Oikawa、Galileo Galilleiの尾崎雄貴、やのあんなを迎えた曲の他、学校法人・専門学校HALのCMソングでのコラボで話題になっている三森すずこや、ゴールデンボンバーの鬼龍院 翔、9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎(Vo)&滝 善充(Gt)、NIRGILIS 、moumoonのYUKAの参加も決定しており、更なる注目が集まっている。

http://livetune.jp/
https://twitter.com/#!/kz_lt

RAM RIDER



Addictive Drumsに収録されている生ドラムについては2006年の初バージョンのリリースの頃から僕のようなダンス・ミュージックをメインフィールドにする人間がわざわざコメントをする必要がないくらい素晴らしい音色だと思います。

今回リリースされたAddictiveDrums2のユニークなところは年代別のサウンドや超定番のJAZZやFUNKなどに加えてMETALやGLAM ROCKなど意外だけれどニーズがあるようなジャンルのサウンドがしっかりラインナップに加えられているところ。新しいジャンルに挑戦してみたいというモチベーションに繋がると感じました。

個人的にすごく良いと思ったのは普段そのまま使ってもなかなか空気感を出すのが難しいアナログドラムマシン系のサウンドを実際にテープを通して収録された「Reel Machines」。プリセットからチョイスしたあとにエディットできる要素がサンプラー並に細かいので自分の膨大なライブラリから選んで1から組み上げることなく目指す音を創れるのが良いですね。


音と映像」をテーマに2003年本格活動開始。「PORTABLE DISCO」をサウンドコンセプトに掲げ、2004年にリリースしたシングル「MUSIC」がオリコンインディーズチャート7位を記録。各地のFMでもオンエアの度に問い合わせが殺到し話題となる。翌年6月に「ユメデアエルヨ」でメジャーデビュー。その後11月にはSPACE COWBOYやRYUKYUDISKO等も参加した1st アルバム『PORTABLE DISCO』がダンスミュージックの枠を大きく超えるスマッシュヒットを記録。

またプロデューサーやリミキサー、作曲家としての顔も持ち、V6や浜崎あゆみ、鈴木亜美、HALCALI、SEAMO、SAWA、m-flo、SPEED等多くのアーティストの作品に参加し、2010年からはバカリズムのライブ音楽を手がけるなど活動の場を広げている。同年よりビジュアルシンク型非インタラクティブラジオ「オーディオギャラクシー」を開始し、それに連動したパーティーを東京でスタート。同名のコンセプトライブを引っ提げROCK IN JAPAN FESなど大型フェスティバルへも数多く出演。2012年異なるコンセプトのオリジナルアルバム「AUDIO GALAXY -RAM RIDER vs STARS!!!-」「AUDIO GALAXY -RAM RIDER STRIKES BACK-」を2枚同時リリース。

http://ramrider.com/

八王子P



自分はもともとAddictive Drumを使っていたのですが、自分のサウンドがバンドサウンド等の生音主体でなく、打ち込み主体のテクノ系ということもあり、Addictive Drumだけでドラム隊を作るというよりは、フィルにアクセントで使ったり、他の音とレイヤーして生っぽいニュアンスを加えたり、少し変化球的な使い方が多いです。

選んだ理由としては、まず視聴してみて単純に音が好みでした。派手でカッコいいです(笑)それとデモ版を使ってみて操作感がとてもシンプルで使いやすかったからです。
加えて、豊富なライブラリも魅力です。音色はもちろん、MIDIパターン集などは、自分のようなドラムをやったことのない人間からするととても重宝します。このMIDIパターン集からアレンジのインスピレーションを受けたりもしました。


今回アップグレードにあたり、ユーザーがADpak、MIDIpak、KitPieceを自由に組み合わせてインストール出来る点も面白いと思います。  

自分が作るサウンドに合わせて選択していくこともできるし、自分のようにあえてインスピレーションをもらう意味で、普段作らないキットを試すのも面白いと思います。そして、2になりEDITページとエフェクトページがかなり強化されたのも嬉しいです。

前述のとおり、自分は生ドラムとして使うというよりは、かなりエフェクティブな使い方のため、結構音色を作りこんでいくのですが、Addictive Drumに内蔵されたエフェクターもとてもクオリティが高く、この中だけで音作りをすることもあります。またグリッドサーチ機能も便利です。自分は片っ端から視聴していくのも好きなのですが、明確なイメージがある場合はこれを使えばすぐに見つけることが出来ます。 全体の使用感としては、操作部分などは大きな変更はなく、細かい部分がいろいろ強化されており、1を使っている人ならすぐになじめると思います。またこれから触るという人も、直感的に操作でき、わかりやすいと思います。


今ニコニコ動画で最も熱い注目を集めているボカロ界の貴公子。

これまで動画サイトにアップされた関連動画総再生数は700万回を超える。

MMDのプロデューサーわかむらPとタッグを組んでアップされた八王子Pの代表作 「Sweet Devil」と「エレクトリック・ラブ」はダンスミュージックをベースにしたエレクトリックなサウンドとクオリティーの高い動画が話題になり、瞬く間に殿堂入りを果たす。

後にアップされた「Sweet Devil (Full Version)」はアップから三日間で異例の10,000マイリストを突破し、デイリーランキング1位獲得。そして一週間で10万再生を突破…彼の人気の高さを物語っている出来事だった。 また八王子PはDJとしての活動も積極的に行っており、そのDJプレイにも非常に定評がある。

そしてDJ活動を通して培ったダンスミュージックをベースにした、グルーヴィーでエレクトリックなサウンドはボーカロイドと融合することで、八王子Pの唯一無二のサウンドを生み出している。このようなバックグラウンドを持つ彼の楽曲は、踊ってみたユーザーに非常に人気が高く、そして映像プロデューサー、絵師などのクリエイターとのトータルアートワークを 全面に押し出した作品を発表している点も八王子Pの特徴である。

日本のみならず海外からも熱い注目を受け始めているボカロPとして、2012年早々の日本でのメジャーデビューに先駆けて、ボーカロイドミュージックが大注目されている台湾で、これまでインディーズでリリースした曲の中から10曲をセレクトしたベストアルバム「Sweet Devil feat.初音ミク」を2011年11月25日に先行リリースし、台湾J-POP/K-POPチャートで初登場4位を記録。今後の八王子Pの活動から目が離せない!

http://www.hachiojip.jp/

High Resolution

コンピュータ用ソフトウェア及びハードの輸入販売 楽器、音響機器の輸入販売


ニュースレター