コンポーザーのためのRedNet


ケース
ある作曲家は、CubaseとProToolsを同時に使用しながら、多チャンネルのレコーディングやミキシングをエレガントな方法で行えるスタジオを検討しています。
さらに、レコーディングルームからCubaseとProToolsの両方に録音を行いたいという希望もあります。

ソリューション
RedNet PCIeカードはCore Audioに対応し、最大128chのサウンドカードとしてCubaseで使用することができます。
Danteネットワーキングテクノロジーにより、ProTools|HDのブリッジとなるRedNet 5と組み合わせ、イーサネットケーブルで接続するだけでオーディオの転送だけでなく同期も実現します。
Danteネットワークに組み込まれたマイクプリアンプRedNet 4は、どこからでも録音を可能にするだけでなく、iPadなどからリモートコントロールが可能です。
その他の入出力にはRedNet 2を導入し、モニターやライン入出力を確保します。

対象製品
RedNet 5 - ProTools|HDブリッジ
RedNet HD32R - ProTools|HDブリッジ
RedNet 2 - 16chアナログI/O

ライブサウンド - ツーリングセットアップ


ケース
メジャーアーティストのライブレコーディング時、FOHとProTools|HDとバックアップシステムへの録音のため、96kHzに対応した96チャンネルのマイク入力が必要です。
彼らは、高品質なマイクプリアンプと可能な限りクリーンなシグナルパスを求めています。

ソリューション
RedNetのマイクプリアンプは、非常に高い音質と低ノイズを誇ります。デジタルミキサーやProTools|HDのブリッジとなるRedNet 5やHD32Rと組み合わせて使用することで、シンプルでクリアなシグナルパスを確保することが可能です。

対象製品
RedNet 4 - 8chマイクプリアンプ
RedNet MP8R - 8chマイクプリアンプ
RedNet 5 - ProTools|HDブリッジ
RedNet HD32R - ProTools|HDブリッジ
RedNet 6 - MADIブリッジ
RedNet PCIe - サウンドカード

フィールドレコーディング


ケース
カスタマーは高品質なポータブルレコーディングシステムを必要としています。アナログマルチシステムは、高価な上に重く、今後使用し続けると思えません。

ソリューション
RedNet4またはMP8Rは、Focusriteの技術の粋を集めた、最高品質のマイクプリアンプを搭載しています。Cat6イーサネットケーブルで、ラップトップとRedNetをダイレクトに接続します。Cat6イーサネットケーブルを使用することにより、長距離でも音質のロスなく信号を転送し、より軽いシステムに置き換えることができます。
RedNetに付属するDante Virtual Soundcardソフトウェア(DVS)は、コンピュータ付属のイーサーネット端子を用い Core Audio、ASIO対応アプリケーションでの利用を可能にします。図にあるStudio Technologies 5202は、Danteに対応したモニター用のヘッドフォン出力を提供する機器です。

対象製品
RedNet 4 - 8chマイクプリアンプ
RedNet MP8R - 8chマイクプリアンプ
Dante Virtual Soundcard - 仮想サウンドカード

長距離レコーディングとブロードキャスト


ケース
ある大学では、地元のホールで行われるコンサートの録音と放送するシステムが必要になりました。コンサートホールとレコーディングスタジオの間には、10kmの距離があり、どちらもミックスダウンが必要です。

ソリューション
標準のIPハードウェアを使用するRedNetは、距離の問題を解決することができます。 40チャンネルのRedNet4マイクプリアンプは完全にリモートコントロールが可能で、長距離伝送による音質のロスなく、最高の音質をそのまま届けます。システムには、ProTools|HD をDanteに組み込むRedNet 5と、ミキシングコンソール用にRedNet1とRedNet2を使用します。

対象製品
RedNet 1 - 8chアナログI/O
RedNet 2 - 16chアナログI/O
RedNet 4 - 8chマイクプリアンプ
RedNet 5 - ProTools|HDブリッジ
RedNet HD32R - ProTools|HDブリッジ
RedNet MP8R - 8chマイクプリアンプ

ポストプロダクション


ケース
ある劇場では、複数のポスプロ用のスタジオ(ダビングステージ/ミックスシアター)を所有しており、それぞれにProTools|HD システムとAvid D-Controlを導入しています。マシンルームに置かれたProTools|HDシステム同士はAESで接続し、ADR(アフレコ)シアターからは長いアナログケーブルを使用して信号を送っていました。 しかし、その劇場のインターフェイスは古く、新しいソフトウェアに対応するためには、インターフェイスをアップグレードする必要がありました。

ソリューション
彼らはProToolsのアップグレードを行わず、RedNetですべてを解決することを選択しました。ProTools間のチャンネルはCat6ケーブルで接続され、すべてのシステムの同期を行います。スピーカーに出力するためにRedNet 2を導入し、ADRシアターにはD-Controlからリモートコントロール可能なRedNet 4マイクプリアンプを配置しています。

対象製品
RedNet 2 - 16chアナログI/O
RedNet 4 - 8chマイクプリアンプ
RedNet 5 - ProTools|HDブリッジ
RedNet HD32R - ProTools|HDブリッジ

24ch ProToolsスタジオセットアップ


ケース
将来的にオーバーIPのオーディオシステムが主流になることを認識しており、アナログコンソールとAvid HD I/OをオーバーIPシステムに切り替えていきたいカスタマーの場合。

ソリューション
Focusrite RedNetが誇るデジタルコンバージョンテクノロジーは、優れたサウンドを提供します。 Dante規格に準拠するRedNetは、将来的に他のDanteハードウェアを統合することができます。オーバーIPベースのシステムは、マシンルームに騒々しいコンピュータを移動し、コンソールと接続するアナログケーブルも最小限に抑えることが可能になります。

対象製品
RedNet 1 - 8chアナログI/O
RedNet 2 - 16chアナログI/O
RedNet 5 - ProTools|HDブリッジ
RedNet HD32R - ProTools|HDブリッジ

64ch ProToolsスタジオセットアップ


ケース
将来的にオーバーIPのオーディオシステムが主流になることを認識しており、アナログコンソールとAvid HD I/OをオーバーIPシステムに切り替えていきたいカスタマーの場合。

ソリューション
Focusrite RedNetが誇るデジタルコンバージョンテクノロジーは、優れたサウンドを提供します。 Dante規格に準拠するRedNetは、将来的に他のDanteハードウェアを統合することができます。オーバーIPベースのシステムは、マシンルームに騒々しいコンピュータを移動し、コンソールと接続するアナログケーブルも最小限に抑えることが可能になります。

対象製品
RedNet 2 - 16chアナログI/O
RedNet 5 - ProTools|HDブリッジ
RedNet HD32R - ProTools|HDブリッジ

ミシガン大学


ケース
ミシガン大学では、複数のDAWの教育を合理化するため、各DAWに同じI/Oを使用しながら、コントロールルームの1台のコンピュータで複数のDAWにアクセスできるようにする必要がありました。
各I/Oを1つのコンソールに接続したいのですが、アナログによる接続はパッチの複雑さと信号の劣化の観点から選択することはできません。また、複数の教室に接続する必要もありますが、これも同様の観点からアナログ接続には問題があると考えます。 さらに、経験があるスタッフでも初心者の学生でも構築することが容易なシステムを求めていました。

ソリューション
RedNetのDanteオーバーIPインフラストラクチャは、施設内のどこからでもネットワーク接続で他のエリアにある複数のマシンルームとライブルームのルーティングを可能にします。さらにRedNetの高い互換性は、任意のDAWの使用を可能にします。

対象製品
RedNet 1 - 8chアナログI/O
RedNet 2 - 16chアナログI/O
RedNet 5 - ProTools|HDブリッジ
RedNet HD32R - ProTools|HDブリッジ
RedNet D16 - AES I/O

High Resolution

コンピュータ用ソフトウェア及びハードの輸入販売 楽器、音響機器の輸入販売


ニュースレター