Clarett Octopre
ADATフォーマットでClarettインターフェースを拡張、8 x Air機能付きマイクプリアンプ

Clarett OctopreはFocusriteの8チャンネルマイクロフォンプリアンプを搭載し、ダイナミックレンジ118 dB、ローノイズ、そして高精度な24-bit/192 kHz A-D/D-Aコンバージョンを備えています。Clarettマイクプリアンプは、特別に設計されたFocusriteのオン/オフ可能な ‘Air’ エフェクト機能を搭載しており、マイクロフォン・シグナルにISAトランスフォーマーの持つ空気感と明瞭さを加えます。またClarett Octopreは2つのフロントパネルにあるインスト・インプット、全てのチャンネルに個別のインサート・ポイント、8個のバランス・ライン・アウトプットを装備しておりマイク・プリアンプから、あるいはADATインプットからダイレクトに信号を伝えます。

Clarett OctopreはClarett インターフェースの拡張に最適です。もちろん他社のインターフェースでもADATオプチカル入出力があれば対応できます。



8つのClarett 'Air'-マイクプリアンプ

Clarett Octopreは8つのClarettレンジ‘Air’-マイクプリを搭載しています。この ‘Air’ エフェクトはFocusriteのISAレンジの伝統的なトランスフォーマー・ベースのサウンドをシュミレートしています。このプリアンプはよりヘッドルームに余裕があるため、ドラムやあるいは他の音量の大きいソースに理想的です。リアパネルのインプットはマイクインか、もしくはラインインか自動的に切り替わり、またフロントパネルには2つのインストルメンツDI入力が装備されています。‘Air’ エフェクトはチャンネルごとにオン/オフ切り替え可能で、ファントムパワーは4チャンネルを1グループとしてオン/オフできます。

アナログI/O, インサート・ポイント

8つのチャンネルは入力から出力に至るシグナルパスはバランスですが、リレーバイパスのインサートポイントにEQやコンプレッサー、あるいは他のアウトボード・アナログ機器を接続可能で、接続したままボタンでオン/オフ可能です。A-D コンバーターに信号を送るのに加えて、入力されたチャンネル信号はそのままアナログアウトに送れます。例えば入力信号をそのままライブのミキシングコンソールに送りつつ、デジタル入力を同時に受信できます。リアパネルにあるDsubのアナログ・アウトプットはAES59にワイアリングされていて ADAT入力を受信するように切り替えられます。

192 kHz A-D & D-A

Clarett Octopre にはFocusriteの高精度なデジタルコンバージョンがビルトインされていて24-bitのオペレーションで192 kHzまでのサンプルレート、ダイナミックレンジ118dBを実現しました。2つのADATインプットと2つのADATアウトプットポートが装備されており、Clarett Octopreは 96kHzで8chのI/Oとして、また176.4/192 kHzのサンプルレートでは4chのI/Oとして動作します。Clarett Octopreは外部ADAT機器あるいは外部 Word Clockにシンクするか、インターナルのクロックにロックされます。

Clarettルック&フィールを踏襲したフロントパネル

メータリングはチャンネル・レベル・コントロールの隣に6段階セグメントのLEDメーターが装備されておりチャンネル毎のクリップインジケーターも内蔵されています。ファンクション・ボタンはチャンネル・レベル・コントロールの下にあるアサイン・ボタンと連動し、インサートとAirの選択を行い、加えて2個のボタンがchannels 1と2のフロントパネルにあるインストルメント・インプットを選択します。

Clarett Octopre 特長

Clarett I/Oのエクスパンションとして理想的: 8個のClarettマイクプリ、8ラインアウトプット、ADATインターフェーシングと24-bit 192kHz A-D&D-A コンバージョンが統合されているので、Clarett OctopreはあなたのClarett Thunderbolt オーディオインターフェース、もしくは他メーカーのADAT I/Oに入出力を追加するのに理想的なユニットとなるでしょう。

トランスフォーマーマイクプリアンプのサウンド: 8個の特別に設計されたClarett マイクプリアンプはオン/オフ可能なアナログ ‘Air’エフェクトを装備し、伝統的なFocusrite ISAマイクプリのサウンドを再現します。

Focusriteの高精度なコンバージョン : 24-bit A-D&D-Aコンバージョン、最高192 kHzまでのサンプルレート、118dBのダイナミックレンジはレコーディングやミキシングのどんなニュアンスも逃しません。A-DとD-Aは8チャンネルです(176.4/192 kHzのサンプルレート使用時には4チャンネル)。

8つのハイ・クオリティなダイレクト・アウトプット: ライブ環境でマイク・プリからの信号をミキサーに送りながら同時にオーディオをデジタルでADATアウトプットに出力可能です。あるいはADAT入力からの信号を8チャンネルのアナログアウトに出力すればDAW環境で8個のアナログアウトを追加することが出来ます。

各チャンネルにスイッチング可能なインサートポイント: 各チャンネルにはクリップインジケーター付きのインサートポイントが設けられており、お好きなコンプレッサーやゲート、EQなどのアナログ・アウトボードを使うことが出来ます。インサートにはあなたのアウトボードやパッチベイを接続したままでOKで、必要に応じてオン/オフすればいいだけです。

ドラム録音に最適化されたマイク・プリアンプ: Clarett Octopreはキックやスネアのような非常に音量レベルが高いサウンドソースを入力してもクリップしないように設計されています。

2つのハイ・クオリティインストルメント・インプット: Clarett Octopreの最初の2個のチャンネルは高ヘッドルームを実現したDIにもなっており、ギターやベースを素早くプラグインすることが出来ます。また不要なディストーション無く高レベルでこれらの楽器信号をピックアップできます。

各チャンネルに6セグメントLEDインプットメーター装備: Clarett Octopreの6セグメントLEDインプットメーターは素早い反応で入力レベルを感知し、アナログもしくはデジタルのクリッピングを防ぎます。またプリインサートクリップインジケーターはアウトボード機器を使用したときに正確なゲイン・ステージを確認することが出来ます。

全てのチャンネルに48Vファントムパワー : 2つのグループ毎に(1-4と5-8)オン/オフ可能で、全てのチャンネルにコンデンサーマイク用のファントム・パワー・サプライが用意されています。

多様なクロック・ソース:Clarett Octopreはwordclock I/Oを装備していて安定したとてもソリッドなクロックパフォーマンスを実現します。

Clarett Octopre 仕様

サンプルレート 44.1 kHz, 48 kHz, 88.2 kHz, 96 kHz, 176.4 kHz, 192 kHz
マイク入力 周波数特性:20 Hz - 35 kHz ±0.1 dB
ダイナミックレンジ(インサートなし):118 dB (A-weighted)
THD+N:0.001%
ダイナミックレンジ(インサートあり):115 dB (A-Weighted)
THD+N:0.001%
ノイズ:-128 dBu (A-Weighted)
最大入力レベル:'+18 dBu ±0.5 dB
ゲインレンジ:57 dB
ライン入力 周波数特性:20 Hz - 35 kHz ±0.1 dB
ダイナミックレンジ(インサートなし):117 dB (A-weighted)
ダイナミックレンジ(インサートあり):115 dB (A-Weighted)
THD+N:0.001%
最大入力レベル:+26 dBU ±0.5 dB
ゲインレンジ:57 dB
インストゥルメント入力 周波数特性:20 Hz - 35 kHz ± 0.1 dB
ダイナミックレンジ(インサートなし):116dB(A-Weighted)
ダイナミックレンジ(インサートあり):114 dB (A-Weighted)
THD+N:0.001%
最大入力レベル:+14dBu ±0.5 dB
ゲインレンジ:57 dB
ライン出力 ダイナミックレンジ(ライン出力):118 dB (A-Weighted)
最大出力レベル(0 dBFS):+16 dBu(バランス)
THD+N:0.0007%
寸法 重量 4.6kg / 高さ 44.5mm / 幅 482mm / 奥行き 286mm

High Resolution

コンピュータ用ソフトウェア及びハードの輸入販売 楽器、音響機器の輸入販売


ニュースレター