Scarlett Gen2

Scarlett Gen2
USBオーディオインターフェイス世界NO1シェアを誇るFocusrite Scarlettの第二世代が登場

株式会社ハイ・リゾリューションは、英Focusrite Plc社が開発、製造する、USBオーディオインターフェイス、”Scarlett”の第二世代となるScarlett Gen2(Generation2)を発表します。
Scarlett Gen2は、192kHzに対応した新たなADDAと、マイクプリアンプを搭載。往復2.74msの低レイテンシーの測定にも成功し、本体スペックの向上に加えて、Pro Tools | First Focusrite Creative PackとAbleton Liveを付属。トラックメイクからレコーディング、ミキシングまでの一連のフローに、対応するパッケージに生まれ変わりました。



Scarlett Gen2 概要

新たなコントロールボリュームを採用し、”Red”が際立ったメタルシャーシ内部には、更なる高品質を目指した製品デザインのノウハウと改良が施されています。

第二世代のScarlettに備わった新たなプリアンプは、より均一化されたゲイン構造を実現しており、ギターピックアップの絶妙なニュアンスまでをもとらえる一新された楽器入力を搭載しています。また、入力と出力に渡り、電力サージに耐えうる基盤構造も実装しています。

そして、第二世代のScarlettは最大192kHzまでのサンプルレートにも対応します。

Pro Tools | First Focusrite Creative Pack

NAMM2016にてFocusriteはAvid社とのアライアンスを発表しました。

第二世代のScarlettには、Pro Tools | First Focusrite Creative Packをバンドルし、出荷いたします。

業界標準であるAvid Pro Toolsに、Focusriteプラグインや、Eleven Lite、Black Op Distortionなどの12のプラグインが加わったFocusriteオリジナルのPro Toolsが付属します。

また、新しいScarlettインターフェイスをお求めいただいた方に、可能な限りの最高な体験を提供するためにFocusriteは、Pro Toolsの各バージョンでテスト、動作検証等Avidと連携します。

Scarlett Gen2 特長

新しいScarlettマイクプリアンプ

マイク入力に最適なゲインを確保、より正確な入出力を行うための設計が施されています。

クラス最高のコンバージョン

24ビット/ 192kHz対応、ダイナミクスレンジ110dbを実現し、クラス最高の品質をお届けします。

超低レイテンシー

Scartlett Gen2は更なる低レーテンシー可に成功しました。DSPエフェクトを使用せずとも、限りないリアルタイムでプラグインソフトウェアの使用を可能にします。

一新されたインストゥルメント入力

様々なギターピックアップのサウンドを捉え、絶妙なニュアンスを表現する、新たな楽器入力を実装しました。

豊富なバンドルソフトウェア

12のプラグインが付属するPro Tools | First Focusrite Creative Pack Ableton Live Lite Softube Time and Tones Bundle(Focusrite Scarlett Exclusive) Focusrite Red2 & Red3 Plugin Suite その他、Mac & PC主要DAWにも対応

Scarlett Gen2 ラインナップ

品名 JANコード HRストア価格(税別) 発売予定日
Scarlett Solo G2 4580101340091 ¥10,000 2016年6月
Scarlett 2i2 G2 4580101340107 ¥14,500 2016年6月
Scarlett 2i4 G2 4580101340114 ¥18,300 2016年6月
Scarlett 6i6 G2 4580101340121 ¥27,500 2016年7月
Scarlett 18i8 G2 4580101340138 ¥38,500 2016年7月
Scarlett 18i20 G2 4580101340145 ¥55,000 2016年7月
Scarlett Solo Studio G2 4580101340152 ¥21,200 2016年6月
Scarlett Studio G2 4580101340169 ¥27,600 2016年6月


High Resolution

コンピュータ用ソフトウェア及びハードの輸入販売 楽器、音響機器の輸入販売


ニュースレター